★大的中御礼★先週回顧及び【G1秋華賞】軸馬情報

競馬予想

いつも、軸馬総合研究クラブを閲覧頂き
有難う御座います!

10 /18(日)G1 秋華賞2020が
京都競馬場で開催されます。

軸馬総合研究クラブでは、
メインレースの軸となる馬を
無料公式LINEにて公開中

期待値が高い馬をピックアップしています。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

管理人プロフィールはこちら

こちらのブログを最初に見た方は、
上記ブログを閲覧の程、
よろしくお願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINE登録方法>


下記のボタンをクリックするだけで、

簡単登録可能です。

※登録するかしないかは、もちろん自由です



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G2 京都大賞典の回顧録

日曜日に行われた京都大賞典は、大本命グローリーヴェイズが勝利しました。

スタートから先行してポジションをとりにいったのはさすが川田騎手ですね。

速いペースで流れる中、しっかり勝てる位置にいましたからね。

直線は後ろからキセキが物凄い脚で迫ってくる中、それを待っているかのような余裕の手応えで快勝でした。

惨敗した前走の宝塚記念を忘れさせる勝利でしたし、よほど京都が合うのでしょう。

————————————————–

<実際に配信した内容> 

京都11R
京都大賞典 (G2) 
芝2400m
総合結論 【最後の京都】
【13】グローリーヴェイズ 川田優雅

週中のブログでも、京都は坂の下りから一気にペースアップするという話を書いたが、長く使える脚が大事。

昨年の天皇賞(春)を振り返ると、まさにこの展開で、ラスト4Fは、11.7-11.6-11.0-11.9のレースラップ。

もちろんこれについていける馬はおらず、フィエールマンとのタイム差無しの勝ち負けを演じた。

また、前走は宝塚記念で惨敗した訳だが、これはある意味想定内だったはず。

元々坂が苦手で、陣営も平坦の京都、新潟を中心に使っていたが、京都競馬場は改修工事に入る為、試金石の一戦として挑んだからだ。

そしてこの馬にとって、今回が京都で行われる最後の重賞となり、今後の事を考えると、何としても獲りたいレースになるでしょう。

3番人気 1着

ーーーーーーーーーーーーーーー

前走の大敗で人気落ちしていたので、めちゃくちゃ美味しい馬券になりました。
 
単勝オッズが6倍以上つくなんて思わなかったので、がっつり資金投入させて頂きましたよ。
 
京都競馬場が改修工事に入り、グローリーヴェイズにとっては、最後の重賞かもしれませんが、勝ててよかったです。
 
また、先週に引き続き、多くの方から的中報告、及び御礼ライン頂きました。
 
本当にありがとうございました。

 

G2 毎日王冠の回顧録

毎日王冠は単勝1.3倍と、サリオスがあまりにも人気していたので、単勝勝負は回避して、6番人気サンレイポケットから勝負しました。

結果は、サリオスの順当勝ちでしたが、サンレイポイケットも見事3着に入ってくれましたので、しっかりと的中する事が出来ました。

————————————————–

<実際に配信した内容>   

東京11R
毎日王冠   (G2) 
芝1800m
総合結論 【重馬場歓迎】
【7】サンレイポケット 荻野極

サリオスがあまりにも人気しているので、期待値的においしく無いと判断。

まず、昨日のレースをみると、開幕週ではあるが、雨もあり外もかなり伸びる。

1800mという距離は、過去のレースをみる限り、短く、道中は後方に置かれる可能性も高い。

ただ、今日は重馬場で、かなり時計がかかるとみていて、距離不足もカバーできるでしょう。

前走は上がり3F32.4と瞬発力を発揮したが、今回はどちらかというといかに長くいい脚を使えるかが鍵。

3走前の京都では、敗れはしたものの、ラスト4Fのレースラップ11.6-11.3-11.0-11.3の流れにしっかりと対応し、長い脚を使える能力は見せた。

馬場の回復次第では、厳しくなるが、人気もなく、期待値的には十分狙えるので、軸とする。

5番人気 3着

ーーーーーーーーーーーーーーー

サリオスとの馬連・ワイドをがっつり買っていたので、ラストは悶絶でしたね(涙)

2着に入っていれば、馬連大本線で、10倍近くついていましたから。

ただ我々の読み自体は間違っていなかったですし、今後もブレずに行きたいですね。

先週の有料会員配信成績は、(1 – 1 – 1 – 2)でした。

これからG1も続いていきますので、この調子で頑張っていきたいと思います。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G1 秋華賞について

10/19(日)は京都競馬場でG1 秋華賞が行われます。

牝馬3冠最後のレースとなり、どの馬が制するのか、非常に楽しみですね。


注目は、春2冠のデアリングタクトでしょう。

桜花賞は重馬場ながら驚異の末脚で、オークスは前有利の馬場の中じっくりと構えて差し切り勝ちと力の違いを見せつけて勝利しています。

前哨戦には目もくれず秋華賞直行というローテですが、そこがクリアできれば、まず間違いなく勝てると思っています。

馬券的にも、デアリングタクトを消すという事は考えられませんので、当然相手を絞っていく必要がありますよね。

 

そこで現状、我々が注目しているのは
※※※※※※※。

 

前走は先行押切の盤石の競馬で、春からの成長が伺える一戦だった。

使い込むとよくないので、休み明けが一番走る馬で今回が2戦目でどうでるか。

京都内回りは基本的に先行馬が有利で、前走の競馬が出来れば、馬券内は堅い!?


※※※※※※※については、
人気ブログランキングに掲載します。



中央競馬ランキング



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINEについて>


期待値の高い軸馬はレース当日、
無料公式LINEにて配信します。 


下記のボタンをクリックするだけで、
簡単登録可能です。

当サイトは、余計な広告などの配信は
一切ありませんので、ご安心下さい


※登録するかしないかは、
もちろん自由です

 



過去のLINE配信実績については、

無料配信結果

を参照してみてください。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いつも応援クリックありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 


最強競馬ブログランキング


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


ホームに戻る

 

コメント

  1. […] ★大的中御礼★先週回顧及び【G1秋華賞】軸馬情報 […]

タイトルとURLをコピーしました