【G1 秋華賞】レースラップから読み解く!

競馬予想

いつも軸馬総合研究クラブを閲覧頂き、
誠に有難う御座います!

10/18(日)
G1秋華賞が京都競馬場で開催されます。

本記事では、
G1 秋華賞の
データ研究を公開します。



また、軸馬総合研究クラブでは
メインレースの軸となる馬を無料公開中。

期待値が高い馬をピックアップしています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

管理人プロフィールはこちら

本ブログを最初に見た方は、
上記プロフィールを閲覧の程、
何卒よろしくお願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINE登録>

下記のボタンをクリックするだけで、

簡単登録可能です。

※登録するかしないかは、もちろん自由です


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

先週の回顧録は下記記事を参照ください。

★大的中御礼★先週回顧及び
【G1秋華賞】軸馬情報

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【G1秋華賞2020】
レースラップを読み解く!


本日は、秋華賞の過去5年のレースラップからみた傾向を考えてみたいと思います。

過去5年の秋華賞に
おけるレースラップ

流れ的には、1.1秒前傾ラップとなっており、緩みの無いラップを刻んでいることがわかります。
 
細かくみていくと、前半2F、後半4Fが特に速い流れになりやすいですね。
 
前半2F目のタイムは平均でも10秒台を記録しているように、スタートしてから平坦な直線ということもあって、かなりハイラップの先行争いになっています。
 
過去のデータ通りにいくと、逃げ・先行馬には厳しい流れになりやすいということになります。
 
実際に過去10年でみても、逃げて馬券内に入った馬は、ヴィルシーナとミッキーチャームの2頭だけです。
 
ただ、この逃げた2頭が粘り込んだ年は、ジェンティルドンナ、アーモンドアイといった、歴史的名馬の勝ったレースというのが引っかかるところ。
 
今回もデアリングタクト1強であれば、逃げ馬の粘りこみもあるかもしれませんね。
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G1秋華賞 狙い馬について


先行勢で、我々が狙っている馬
※※※※※※※。

 
前走は淀みないペースを先行して、最後まで渋とく伸びたのは評価できる。
 
同厩舎で、先行勢2頭出しとなるのも面白いところ。
 
初の小回りとなるが、ここでも侮れない1頭。
 
 

この※※※※※※※については、

人気ブログランキングに掲載します。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINEについて>


期待値の高い軸馬は
レース当日に配信を予定しています。

下記のボタンをクリックするだけで、
簡単登録可能です。

当サイトは、余計な広告などの配信は
一切ありませんので、ご安心下さい


※登録するかしないかは、もちろん自由です


過去のLINE配信実績については、

無料配信結果

を参照してみてください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いつも応援クリックをしていただき、
誠にありがとうございます。


中央競馬ランキング

 


最強競馬ブログランキング


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


ホームに戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました