【G1 菊花賞】軸馬情報及び先週回顧

競馬予想

いつも、軸馬総合研究クラブを閲覧頂き
有難う御座います!

10 /25(日)G1 菊花賞2020が
京都競馬場で開催されます。

軸馬総合研究クラブでは、
メインレースの軸となる馬を
無料公式LINEにて公開中

期待値が高い馬をピックアップしています。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

管理人プロフィールはこちら

こちらのブログを最初に見た方は、
上記プロフィールを閲覧の程、
よろしくお願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINE登録方法>


下記のボタンをクリックするだけで、

簡単登録可能です。

※登録するかしないかは、もちろん自由です



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G1 秋華賞の回顧録

日曜日に行われた秋華賞は、順当にデアリングタクトが勝利しました。

外枠からスタートして、多少距離ロス覚悟で揉まれることなく進み、終始安心してみていました。

あまりにも圧倒的すぎて、古馬との対戦が物凄く楽しみになりましたね。

いずれにしても次走も、この秋G1に出てくると思いますし、古馬との斤量差もあるので、注目ですね。

————————————————–

<実際に配信した内容> 

京都11R
秋華賞(G1)
芝1800m
総合結論 【歴史的牝馬】
【13】デアリングタクト 松山弘平

能力自体は疑いの余地はないので、今回ラップを使った説明は省いてもいいでしょう。

前走オークスでは、直線向いてからも前は開かず、外から蓋をされるというように、内容自体は負けていてもおかしくないような競馬だった。

しかもあの時の東京は前残り天国と言われていた様な状態で、後ろから差し切るのレースは皆無。

驚異の瞬発力で差し切り、着差自体は確かに僅かだが、外枠からスムーズに乗れていれば、ぶっちぎっていてもおかしくなかっただろう。

秋華賞に直行したわけだが、唯一恐れていたのが内枠に入り、オークスのような競馬になる事。

しかし、運良く13番という外枠を引き、これで勝利へ盤石の体制が整っただろう。

オークス後も宝塚記念出走の仰天プランもあったとされているように、もはや3歳牝馬同士のここは通過点になる。

1番人気 1着

ーーーーーーーーーーーーーーー

相手は、ウインマイティーを推奨させて頂きましたが、9着と撃沈。
 
しかしながら、抑えに、1.2.8.10.12.16.18としていた為、 ヒモ決着となってしまいましたが、馬連、馬単、3連単、的中された会員様もいたようで、的中報告を頂いております。
 
個人的には、ウインマイティーを2,3着付した馬券を厚く買っていた為、馬単、3連単と的中はしましたが、トントンという結果になってしまいました。。。。
 
的中された方、おめでとうございました。


先週の有料配信結果は(2 – 1 – 0 – 2)という結果でした。
 
引き続き来週も頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G1 菊花賞について

10/25(日)は京都競馬場でG1 菊花賞が行われます。

牝馬3冠のデアリングタクトに引き続き、牡馬はコントレイルの3冠がかかっています。

秋の始動線となった、神戸新聞杯では、他馬を全く寄せ付けない圧巻の競馬で勝利し、相変わらずの能力の高さを見せつけましたよね。

普通に走れば、間違いなく、3冠を達成できるでしょう。

 

また、一発あるとするなら、
※※※※※※※。

 

前走も仕上がり途上ながら、自在にペースを操り、後続を完封。

明らかに抜けて強い馬が存在するとき、波乱が起きるなら、極端な競馬しかない。  


※※※※※※※については、
人気ブログランキングに掲載します。



中央競馬ランキング



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINEについて>


期待値の高い軸馬はレース当日、
無料公式LINEにて配信します。 


下記のボタンをクリックするだけで、
簡単登録可能です。

当サイトは、余計な広告などの配信は
一切ありませんので、ご安心下さい


※登録するかしないかは、
もちろん自由です

 



過去のLINE配信実績については、

無料配信結果

を参照してみてください。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いつも応援クリックありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 


最強競馬ブログランキング


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


ホームに戻る

 

コメント

  1. […] 先週の回顧録は下記記事を参照ください。【G1菊花賞】軸馬情報及び先週の回顧 […]

  2. […] 先週の回顧録は下記記事を参照ください。【G1ジャパンカップ】軸馬情報及び先週の回顧 […]

タイトルとURLをコピーしました