【G1 天皇賞(秋)】レースラップから読み解く!

競馬予想

いつも軸馬総合研究クラブを閲覧頂き、
誠に有難う御座います!

11/1(日)
G1天皇賞(秋)が東京競馬場で開催されます。

本記事では、
G1 天皇賞(秋)の
データ研究を公開します。



また、軸馬総合研究クラブでは
メインレースの軸となる馬を無料公開中。

期待値が高い馬をピックアップしています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

管理人プロフィールはこちら

本ブログを最初に見た方は、
上記プロフィールを閲覧の程、
何卒よろしくお願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINE登録>

下記のボタンをクリックするだけで、

簡単登録可能です。

※登録するかしないかは、もちろん自由です


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

先週の回顧録は下記記事を参照ください。

【G1天皇賞(秋)】軸馬情報及び先週の回顧

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【G1天皇賞(秋)2020】
レースラップを読み解く!


本日は、天皇賞(秋)の過去5年のレースラップからみた傾向を考えてみたいと思います。

過去5年の天皇賞(秋)
おけるレースラップ

超不良馬場でキタサンブラックが勝利した2017年はここでは度外視して考えていきたいと思います。
 
この2年は特に高速馬場と化し、スタートして最初の2F以外はゴールするまで11秒台のラップを刻むというかなり厳しい流れの、超スピード持続力戦となっています。
 
これだけスピード勝負になると、距離適性が2000mよりも短いところを中心にして戦ってきている馬が台頭しやすくなっています。
 
2019年でいうと1着アーモンドアイ、2着ダノンプレミアム、3着にアエロリット、2018年でいうと2着にサングレーザーがそれにあたります。
 
今年も週末は晴れ予報で、高速決着となりそうなので、スピード能力の高い馬を中心に馬券を組んでいく必要があると思っています。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

G1天皇賞(秋) 狙い馬について


我々が人気馬の中で危険だと
思っているのは
※※※※※※※。

 

スピード持続力勝負になったときは厳しい戦いを強いられているこの馬。

ここ2年の様な高速決着になるとまさかの馬券外もありえる!?

 

この※※※※※※※については、

人気ブログランキングに掲載します。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<無料公式LINEについて>


期待値の高い軸馬は
レース当日に配信を予定しています。

下記のボタンをクリックするだけで、
簡単登録可能です。

当サイトは、余計な広告などの配信は
一切ありませんので、ご安心下さい


※登録するかしないかは、もちろん自由です


過去のLINE配信実績については、

無料配信結果

を参照してみてください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


いつも応援クリックをしていただき、
誠にありがとうございます。


中央競馬ランキング

 


最強競馬ブログランキング


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


ホームに戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました