高松宮記念について  有料情報①

1番人気が想定されているレシステンシアは、今回鞍上の武豊騎手が骨折の為、騎乗出来ず、浜中騎手に乗り替わりとなりました。

ルメール・武豊・浜中は同じエージェントの豊沢信夫氏が勤めていることから、既定路線ですよね。

そもそも、今回武豊騎手ではなく、なぜルメール騎手が騎乗しないのか?

答えは、高松宮記念と同日中山競馬場で行われる、マーチS(G3)にてアメリカンシードに騎乗する為だと言われています。

レシステンシアのG1制覇は厳しいと見ているからなのか、真相は分かりませんが、気になる材料ではあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました